カフェインはドラッグ?カフェインを摂ると体調が悪くなるから対処法を書くよ。

f:id:moriz0y:20191124184005j:image

 

みなさん、コーヒーは好きですか?

 

または栄養ドリンク。

 

よく見る青いやつとか、緑のやつ。

 

俺は全然好きじゃないです。

 

カフェイン苦手です。

 

理由は単純で、飲むと、とにかく体調が悪くなるから。

 

今あげた飲み物に共通して多く入ってる成分が、カフェインになります。

 

対処法をここで簡潔に説明しちゃうと、

 

飲むな!

 

これにつきます。

 

カフェイン苦手でも、たまに紅茶とかコーヒー飲みたいよ。

 

って人に、具体例を交えてカフェインについて語ります。

 

日常に潜むカフェイン

カフェイン苦手な人によく起こること

ケース1(飲み会)

大学の授業が終わった夜。

 

いつも一緒にいるメンバーと、飲み会が開かれることに。

 

全然お酒が強くないけど、行くかー。

僕は大体、ビール2杯くらいで気持ちよく酔える感じです。

 

どうせ割り勘なら、ご飯たくさん食べよ!

 

飲みの場も盛り上がり、ビールも1杯半飲んだところ。

 

次アルコールは控えておこうかなー。

 

でも、飲み放題1500円として、元を取るためには大体3杯は飲みたいな。

 

無理してアルコールは違う!烏龍茶お願いしまーす。

 

悪夢の始まりです。

 

なんか許容範囲でしか飲んでないのに、気持ち悪い…。

 

吐きそう。

 

とにかく早く帰って横になりたい。

 

食べ物全部出そう。

 

なんか手も震えてきた…。

 

今日は最悪な日だ。

 

ケース2(喫茶店

ある晴れた休日。

 

今日は、外にでも出るかー。

 

おっ!ここにいい感じの喫茶店がある!

 

入ってみるか!

 

喫煙もできて、雰囲気もいい。

 

こんな日は、紅茶かコーヒーを飲みながら、タバコをふかして、読書でもするか。

喫煙者には分かると思いますが、ある日突然タバコを吸いながら、コーヒーを飲みたくなるものです。

 

さあ、コーヒーが来た!

 

まずコーヒーを一口。

 

そして、いつも吸ってるタバコに火をつける。

 

あー、俺今いい感じだわー。

 

タバコとコーヒーを交互に嗜む。

 

と、思うのもつかの間10分後。

 

本の内容が全く頭に入らん…。

 

なんかじっとしてられなくなってきた…。

 

一旦タバコを吸って落ち着こう。

 

やばい、なんか気持ち悪い…。

 

すいません、会計で…。

 

こんなことになるなんて…。なんて日だ!

 

ケース3(徹夜)

明日テストだよ…。

 

今日は徹夜しないと…。

 

翌朝

 

勉強はできたけど、めちゃくちゃ眠い。

 

どうしよう。

 

そうだ、エナジードリンク飲もう。

 

30分後

 

めちゃくちゃ元気出てきた。全然眠くない。

 

テスト本番

 

なんかめちゃくちゃ心臓の音が聞こえる…。

動悸ってやつか…。

 

心なしか手も震えてきた…。

 

めちゃ集中できるけど、

 

なんか何かしなくちゃって感じになるな…。

 

カフェインのある飲み物

ケース1、ケース2みたいなこと、よくありませんか?

 

カフェイン 気持ち悪いとかで検索してこの記事にたどり着いたあなたなら、

 

多分似たようなことあると思います。

 

カフェインが多く入ってる飲み物は、日常に結構潜んでます。

 

代表的なものを挙げると

  1. コーヒー、紅茶
  2. エナジードリンク
  3. 烏龍茶
  4. 緑茶
  5. コーラ

 

結構身近に潜んでます。

 

コーラや烏龍茶は、意識してたくさん取らなければ、ほとんど効果を感じないかもしれません。

 

しかし、コーヒー、紅茶はカフェインが大量に入ってます。

 

ましてや、エナジードリンクなんかは

 

もはやカフェインを意図的に摂取するための飲み物になります。

 

結構みんな、意識せずに摂取してることになりますね。

 

気づかないうちに、気持ち悪くなってるとかありますよ。

 

摂りすぎた時に起こる症状

手の震え

ダントツで自分に1番降りかかってきます。

 

小刻みに震えるって感じです。

 

止まれと思っても、自分の意思に反し続けます。

 

これに関しては、対処法が特に見つからないです。

 

体からカフェインを抜いてやっと元に戻ります。

 

吐き気

これは2番目によく起こります。

 

カフェイン取りすぎて、1番きつい症状です。

 

これに関しては、ただ、横になるしかないです。

 

対処法に書く、水を飲む行為が非常につらく、また、嘔吐恐怖症の僕を苦しめます。

 

ひたすら空気が胃から上がってくる感じがして、いいものではありません。

 

動悸、焦燥感、悪心

吐きけと同率2位くらいに起こります。

 

似たような症状、また見分けがつきにくいので、1つにまとめました。

 

この症状は、何かしなきゃと焦りのようなものを感じます。

 

心臓の鼓動も早くなり、底知れぬ気持ち悪さがあります。

 

これは、カフェイン特有です。他のものでは、なかなか起きません。

 

下痢

何も食べてない状態だと、割と高確率で起きます。

 

なーんかお腹ゆるいなって日は、

 

だいたい思い返せばカフェインを多く取ってたりします。

 

気分的にいいものではありませんね。

 

次は全体的な対処法を書いていきます。

 

摂りすぎた時の対処法

水を飲む

とにかく水を飲みましょう。

 

カフェインを体から逃すことで、ほとんどの症状は緩和します。

 

カフェインは利尿作用があるため、

 

500mlの水を30分で飲めば、その後1時間で5回は尿意を催します。

 

これで、体からだいぶカフェインが抜けます。

 

2時間もすれば症状は緩和されていきます。

 

また、水は常温、又はお湯を飲むのを推奨します。

 

冷たい水だと、体も冷え、震えがさらに助長されることがあるからです。

 

動かないで横になる

気持ち悪くなったら、横になる。

 

ひたすら横になって何も考えないようにしましょう。

 

だいたい治ります。

 

 横になるときに注意したいのが、

 

自分から見て、左側を地面につける形で寝てはいけません。

 

自分から見て、右側を地面に寝てください。

 

理由は、胃の形が斜めになっているため、胃からの吐瀉物が、出てこないようになります。

 

時間をかけて体内に入れる

これもかなり重要です。

 

対処法というよりは、予防になります。

 

カフェイン含有量が多い飲み物を、

 

耐性がない人が一気飲みするのは危険です。

 

ゆっくり時間をかけて飲むべきです。

 

個人的な目安として

 

個人的な症状として、やはり手の震えは回避できませんが、

 

悪心や動悸はかなり軽減されます。

 

無理やり体に慣れさせる

荒治療もあります。

 

カフェインは、耐性がつく成分なので、毎日コーヒーを飲むと、

 

自ずとカフェインに強くなります。

 

最初は気持ち悪くなったりしますが、

 

1週間もしたら耐性がない人でも、なんともなくなります。

 

カフェインもデメリットだけでなく、メリットのある成分なので慣れるということは、

 

悪いことではありません。

 

総論

カフェインは良いこともある

カフェイン自体、覚醒作用や、集中力向上等の良い面もあります。

 

気持ち悪くなる人もいれば、有効に活用してる人もいます。

 

徹夜に備えての、カフェイン等、大学生に一定の人気があります。

 

うまく付き合っていくのが、大事でしょう。

 

カフェインはドラッグ

個人的にはカフェインも、アルコールやタバコと一緒でドラッグの1つだと思います。

 

耐性がつきやすいというのと、依存性があるからです。

 

エスタロンモカっていう錠剤もあります。

 

多分僕が飲んだら死にます笑。

 

だから、いかにうまく付き合ってくかが、大事なのがカフェインだと思いました。